2015年5月7日木曜日

【後編】 Xperia奮闘記

計画は、完璧なはずだった。
XperiaZ3と消えたNexus5編。

【前編】 Xperia奮闘記

やがてXperiaZ3を手に入れ安く維持する為、 まずは回線確保用にiPhone5sに乗り換えたのが前回のあらすじ。


あとは更にXperiaに乗り換える為のMVNO回線が転出可能になるのを待つだけでした。

--- --- ---

毎日、仕事を終え12時過ぎに帰宅して、お風呂でゆっくり疲れを取るのが至福。 Nexus5は防水ではない為、防滴バックに入れて一日のRSS(ニュース)を消費していくのが日課です。


そして、とある日の夜。お風呂。



*夜の26時半頃



髪を洗って振り向くと、ふたの上にNexus5が無いことに気付く。



はて。









おろ?










沈んでる。




俺の猫5、沈んでる。




あいにく、防水ではなく所詮は防滴バック。
中に水が入ってシャバシャバ出来る勢いである。

これ、あかんやつやな。
とりあえずベランダで干すかヽ(・∀・)ノ



…違うか(・∀・)!

*ここまで一部再現を含む


携帯が壊れる原因は、水没そのものではありません。水没した程度なら乾けば使えます。


問題は、水分が残っている間に通電した場合。 通電するとショートによって回路が「破損」します。
逆に、即座に電池を外して1週間程乾かせば多くの場合復活します。
汚水だった場合は敢えて純水で思い切って洗ってから自然乾燥すれば多分治ります。

ところが、うちの子の場合、電池パックが取り外せない機種な上、 引き上げた直後から電源OFFの操作を受け付けず。既に再起動を繰り返す状態でした。

本来は外せない裏蓋を外し、専用乾燥剤で挟み込み 


レスキューバックへ。 

水没時にGoogleロゴの表示を繰り返していたので正直厳しいのは分かってました。

とりあえず、気長に待ってみよう。

と思ったものの、回復はせず。 5日目で回復を断念。 
修理は恐らく3万円を下回らない為、諦めました。
ここで、案は2つ。

①auへの乗り換えまで、もう一台あるSIMフリー機のSony Z Ultraで代用する。
②乗り換えでのXperia Z3入手を辞めてとっとと白ロム(新品同等品)を買う。

費用はというと、正直変わりません。

auに乗り換えた場合の手数料や初月通信費を合わせれば3万円程。
対してZ3のau版の白ロム、ランクSで3.7万円。

うん。白ロムを買いに行こう!

という訳で、

XperiaZ3のカッパーを購入。 

前回の乗り換えで契約したiPhone5sのSIMカードを挿入。
また、不要なIIJmioのデータ回線を解約。

最終的には、Nexus5を失った点以外は予定通り

●Xperia Z3はau回線(安め)
月々5000円(音声あり7GB)
●G11(ガラケー)はau回線
月々1200円(主電話番号)
●Z UltraとiPhone5sが手元に。

という構成に至ります。

実際は乗り換えの為の音声付きIIJ回線があります。
Ultraに入れて使うかは検討中。iPhoneもmineo契約してSIM入れるかな。どうしよう。

データはどうなったかと言うと、

◯LINE:去年冬~2週間前のトーク履歴のみ消失。
LINEサーバーには2週間程度のデータは残されています。冬以前の履歴に関してはバックアップ済み。トーク内に完璧に復元出来ています。
◯写真:自動バックアップを切っていた数週間分のみ消失。特別大切なデータはなし。 
◯メモ帳やアドレス:基本的にGoogle同期なので特に消失データはなし。

そんなこんなでダメージは製品本体のみでした。 計画通りには行きませんでしたが、むしろ早くXperia Z3を使えて幸せです。

Nexus5は本当に最高のスマートフォンでした。今までご苦労様でした<(_ _)> 


これで、またau回線、日本メーカーの端末を手にしました。
SONY復活を願い、Xperiaを右腕として携帯販売を続けていきたいと思います。

ソニー、3年ぶり黒字見通し…2016年3月期 http://news.biglobe.ne.jp/economy/0430/ym_150430_0675544247.html

こうして、SONY信者へ復活の道を果たのである。

めでたしめでたし。